銀杏・イチョウの力

銀杏の中毒性について

銀杏は食べ過ぎると中毒になる可能性があります。食べ過ぎには注意してください。

銀杏はギンコール酸などを含み、漆などのようにかぶれなどの皮膚炎を引き起こす場合があります。触れてすぐには発症せず、長期間継続して実に触れ続けた結果発症した例もあります。また、食用とする種の中身にはビタミンB6 の類縁体4-O-メチルピリドキシン (4-O-methylpyridoxine、MPN) が含まれていますが、これはビタミンB6に拮抗してビタミンB6欠乏となりGABA の生合成を阻害し、まれに痙攣 などを引き起こします。大人の場合かなりの数を摂取しなければ問題はありませんが、1日5 - 6粒程度でも中毒になることがあり、特に報告数の70%程度が5歳未満の小児です。太平洋戦争前後に中毒報告が多く、大量に摂取したために死に至った例もあります。

一方で喘息等の症状に対する鎮咳去痰作用など薬草としての効力もあり、後述の難破船に遺された銀杏も薬の原料として送られたものであると言われています。

銀杏の中毒性は「メチルビリドキシン」と呼ばれる成分が原因で、この成分はビタミンB6の作用を妨げる働きもしてしまいます。 このアンチビタミンB6物質(MPN)は、熱に弱く炒ったりゆでたりすることで著しく減少します。

上記の理由で弊社の銀杏製品は適切な加熱処理をしております。ご安心してお召し上がりください。

商品の購入はコチラ

各種ぎんなん加工品の紹介です。インターネットからのご注文も承っております。

お問い合わせメールフォーム